おいしい函館ロゴ
この街で出会う飲食店、料理人、小売店、食材案内
食べる

函館で活躍する
料理人と函館料理

函館の風土を愛し、この街で活躍する料理人は、まさに「おいしい函館」のキーマンです。
地元の食材を生かした渾身の一皿をご紹介します。
※季節・仕入れ等により提供時期が限られます。また現在、提供が終了している場合があります

中国料理 龍美
千葉 義夫
ちば よしお

中国料理

多彩なメニューを揃える中国料理

千葉義夫料理長は南茅部町(現在は函館市南茅部地区)の出身。昆布漁師の家庭に育ち、高校まで南茅部町で過ごした後、自衛官となり航空自衛隊浜松基地に赴任しました。帰郷して、函館で料理人の道へ。函館ロイヤルホテルの中国料理部門で20年間勤務し、同ホテルの中華レストラン「ぎょくらん」料理長を経て独立。2008年から現在地で「中国料理 龍美」を経営しています。四川料理の技術を基本に、料理のアイディアを膨らませるのが楽しいという千葉料理長。その発想は従来の中国料理の枠をはみ出すことも。店では常時300種類もの料理メニューを取り揃える充実ぶりです。公益社団法人日本中国料理協会函館支部研究部部長。2016年函館市技能功労者表彰受賞。

千葉 義夫
私の函館料理

近海の魚貝と野菜の昆布茶炒め

地場でとれた海の幸と野菜を昆布の旨みで豪快に味わう

私の函館料理

シンプルかつ豪快、これも中国料理の魅力です。絢爛豪華なものとはひと味もふた味も違う良さを感じられる料理。即興のようでありながら、実は日々アイディアを温め、季節ごとの食材を調べ、その組み合わせにおいて様々な試みがなされて生まれたものです。

地場でとれた海の幸と野菜を、昆布茶を加え、塩味で炒めました。今回の食材は、噴火湾産ホタテ、近海で獲れたマイカ、道南産のブロッコリーやコーンなど。特にビタミン、ミネラルが豊富なブロッコリーは、千葉料理長おすすめの食材で、芯も加えて調理します。仕上げは、さっと湯をくぐらせた函館真昆布を敷いて豪快に盛り付け。程よく昆布の旨みが効いて、食材各々の味わいをまとめあげます。

提供時期:6月~12月(入荷状況により一部食材が異なる) コース料理または一品料理で
2018年10月取材

Close UP!

Close UP!

もう一皿

魚貝トマトラーメン

魚貝トマトラーメン

2010年に千葉料理長が考案した「龍美」の人気メニュー。豚骨や鶏がら、野菜などをじっくり煮込んだスープに、欧州産の完熟トマトソースなどを加えて調味。みごとな紅色のスープは、まろやかな甘みとコクがあり、中太の卵麺との相性も抜群です。具材には、エビ、ホタテ、イカ、ツブなどの海産物やサイコロ状に切った道南産のフレッシュトマトなどの野菜が用いられ、ボリュームたっぷりです。

提供時期:通年 一品料理で
2018年10月取材

この店の情報

めざせ食の仕事人バナー