おいしい函館ロゴ
この街で出会う飲食店、料理人、小売店、食材案内

函館「食」ニュース

【事業者向け】はこだてグルメサーカス2024 出店者募集のお知らせ

【事業者向け】はこだてグルメサーカス2024 出店者募集のお知らせ

2024年9月7日~8日に開催される「はこだてグルメサーカス2024」の函館市内事業者の出店を募集しています。 「はこだてグルメサーカス」は、食と観光のPRを通じて、市民や観光客の方に楽しんでもらうとともに、函館駅前・大門地区の賑わいを創出することを目的とした函館最大級の食のイベントです。 ◎はこだてグルメサーカス日時:2024年9月7日(土)10時~17時、8日(日)10時~16時会場:はこだてグリーンプラザ・太陽パーキング ◎募集要項はこだてグルメサーカス公式サイトをご覧ください(提出する書類も公式サイトからダウンロードできます) ◎募集期間2024年6月6日(木)~6月21日(金) ◎申し込み・問い合わせ先はこだてグルメサーカス実行委員会事務局(函館市観光部観光振興課内)TEL.0138-21-3383(土日祝を除く9:00~17:30)

【事業者向け】海外向け展示商談会等出展補助金のご案内

【事業者向け】海外向け展示商談会等出展補助金のご案内

函館市では市内製造業者等が、道外で開催される海外販路の拡大に資する展示商談会等の参加に要する経費の一部を補助します。この度補助内容がリニューアル、海外だけではなく国内の商談も対象となりました。 ◎補助対象者自社で製造または販売する商品の海外販路拡大を目的として市内に事務所または事業所を有する中小企業者等(個人を除く)◎補助対象事業道外で開催される展示商談会等に海外販路拡大を目的として出展する事業(業種は問いません。)※展示商談会等とは,商品見本,カタログ,パネル等の展示をして,海外に販路を持つバイヤー等との商談を行う展示会や見本市等,またはブースにて同バイヤー等と対面で行う商談会等とし,一般消費者への販売が主たる目的となる事業は対象外とします。※函館市が負担金等を拠出している団体等(例:札幌食と観光国際実行委員会)が出展するブースへの参加で,当該団体等から出展料の減免などの補助を受ける場合は,当該展示商談会等について本補助金の対象となりません。 ◎補助対象経費海外展示商談会等への出展に直接要する下記の経費を対象とします。 1 出展スペースの賃借料(出展料,小間代,ブース代等)2 出展スペースの電気工事や装飾等の造作経費3 展示商談会等期間中の通訳料4 展示商談会等に係るサンプル・パンフレット・備品等の輸送費5 外国語版商談用資料等の製作費(翻訳料・印刷費含む)※翻訳料は,英語または商談相手の希望する言語に限ります。6 出展に要する機器・備品類の使用料7 出展に要する消耗品類の購入費8 展示商談会等に参加する渡航者1名分の旅費◎補助金額等対象となる経費の1/2以内の額とし,最大30万円を限度とします。※同一年度内で1回限りの交付となります。※同一の展示商談会等への出展に対しては,海外で開催されるものにおいては通算して3回まで,国内で開催されるものにおいては1回,補助金を活用することができます。◎申込方法※補助対象事業の展示商談会等への出展決定が必要となります。​​​(1)申請書の提出場所および問い合わせ先函館市経済部食産業振興課(貿易担当)〒040-8666  函館市東雲町4番13号TEL:0138-21-3452MAIL:trading@city.hakodate.hokkaido.jp(2)受付期間令和6年4月1日(月)から令和7年2月28日(金)まで◎提出書類等公式ホームページよりダウンロードして使用してください。

【事業者向け】7月15・16・17日「メガドン夏祭り」出店者募集中!

【事業者向け】7月15・16・17日「メガドン夏祭り」出店者募集中!

〜渡島・檜山地域の事業者のみなさまが対象です〜 函館市では、MEGAドン・キホーテ函館店が食品関係事業者に対する地元貢献を目的とし開催するMEGA夏祭りイベントについて、昨年に引き続き「地元企業応援枠」を設けることとなりました。 つきましては、出店していただける方を募集いたしますので、ご希望の方は別添の詳細内容をご確認のうえ出店申込書にご記入いただき、メールまたはFAXで期日までにお申し込みください。 ■イベント概要 【イベント名】メガドン夏祭り 【期間】令和6年7月15日(土)16日(日)17日(月)※各日11時~17時の間で出店可(最終日のみ16時) 【会場】MEGAドン・キホーテ函館店(函館市美原1丁目7-1) 駐車場スペース 【主催者】MEGAドン・キホーテ函館店 【協力】函館市 ■お申し込み 【締切】令和6年5月31日(金)応募者多数の場合は主催者により選定します。【お申し込み方法】出店申込書にご記入後、メールまたはFAXにてお申し込みください。・出店概要・募集要項・出店申込書(PDF形式/EXCEL形式) 【お申し込み・お問い合わせ先】日本商業施設株式会社 林電話:080-9201-6590FAX:03-4531-8228メール:t.hayashi@donki.co.jp

千秋庵総本家 宝来町本店がリニューアルオープン

千秋庵総本家 宝来町本店がリニューアルオープン

2024年5月15日(水)、「千秋庵総本家 宝来町本店」が、店舗リニューアルに伴う改装工事を経て、グランドオープンします。 これまでの店舗では物販のみでしたが、リニューアル後は地元客や、観光で訪れた方々の休息場としてイートインスペースを併設。購入したお菓子をその場で食べることができます。また飲み物には、函館の老舗珈琲店「十字屋珈琲」の珈琲豆を使用したこだわりのコーヒーをはじめ、和菓子に合う緑茶、ほうじ茶、お抹茶などを用意。 リニューアルオープンを記念して グランドオープンに先駆け、4月 29 日(月)のソフトオープン(物販営業のみ)より、千秋庵総本家全店舗で、元祖山親爺丸缶5枚入(通常販売価格 税込 650 円)を特別価格 税込 420 円で販売。また、グランドオープンを記念して5月15 日(水)・16 日(木)・17 日(金)の3日間、千秋庵総本家 宝来町本店で商品購入のお客様1家族につき、紅白饅頭2個入を1箱プレゼント。※各日 100 箱限定 リニューアル記念商品 リニューアルオープン記念商品 スフレどらやき「ふくる」 軽やかな食感のスフレ生地に、自家製の小豆粒あんと素材の味をひきたたせる豆乳クリームを挟んだ新しいどらやきです。商品名:スフレどらやき「ふくる」販売価格:1個 税込 320 円消費期限:当日限り 千秋庵総本家×箱館醸蔵 コラボ商品 「郷宝カステラ」 北海道七飯町の箱館醸蔵が作るお酒「郷宝」の酒粕と純米吟醸を贅沢に使用した「郷宝カステラ」。しっとりとした食感と華やかな香りが特徴のカステラです。商品名:「郷宝カステラ」販売価格:1個 税込 300 円賞味期限:21 日 千秋庵総本家の新ブランドan‘d an(あんど、餡)新商品 「あんと黒糖とラム酒の羊羹」 沖縄県産黒糖と自家製のこし餡を使用した羊羹に、相性の良いダークラムとドライフルーツ(イチジクとレーズン)を加えました。商品名:「あんと黒糖とラム酒の羊羹」販売価格:1本 税込 1,700 円賞味期限:30 日 【 オープンスケジュール 】⚫ ソフトオープン ※物販営業のみ4月 29 日(月) 午前9時 30 分~午後6時⚫ イートインスペース内覧会5月 11 日(土)・12 日(日)⚫ グランドオープン5月 15 日(水) 午前9時 30 分~午後6時 【 店舗概要 】店名:千秋庵総本家 本店場所:〒040-0043 函館市宝来町9-9営業時間:午前9時30 分~午後6時 定休日:水曜日(5月9日(木)は準備のため休業)公式サイト:函館 千秋庵総本家

【お土産選びに】函館圏優良土産品推奨会、2024年の受賞商品紹介

【お土産選びに】函館圏優良土産品推奨会、2024年の受賞商品紹介

函館市や函館商工会議所など4団体で構成する実行委員会が開催する道南地域の観光土産品の中から特に優れた商品を表彰する「函館圏優良土産品推奨会」審査会において、2024年の受賞商品が決定しました。 第68回と歴史ある審査会に今年は25社から計78点が出品。厳正なる審査の結果、最高賞の【函館市長賞】には ・ 天然函館真昆布だし一/㈱山大(1本300ml 1,080円)・カボチャの雪んこプリン/カドウフーズ㈱(1個70g 500円) の2点が受賞。 その他、菓子や農水産品など合計15点が受賞しました。 その他受賞商品一覧■函館商工会議所会頭賞・ほたてカレー/㈱五島軒(1箱1人前200g 1,080円)・ふわり/㈲末廣軒(45g×4個 1,080円) ■(一社)函館国際観光コンベンション協会会長賞・しめにしん/㈱竹田食品(2枚 400円)・ブルーベリーとヨーグルト/㈱ひらかわ牧場(1個100ml 380円) ■みなみ北海道地区観光土産品公正取引協議会会長賞・とろサーモン明太/㈱不二屋本店(1個140g 1,296円)・えぞ舞茸と昆布のチップス/㈲渋田産業(1袋25g 486円) ■奨励賞・はこだて美人醤油/合同会社 EGAO(1本300ml 698円)・北海道のちいさい焼いも/カドウフーズ㈱(220g 432円)・鮭とばハラス/㈱不二屋本店(136g 1,296円)・フレッシュミルク/㈱ひらかわ牧場(1個100ml 380円)・北海道百景サイコロキャラメル5本入り/道南食品㈱(25箱入(5箱×5本)1,296円)・ほたてバター醤油仕立(BOX)(メイドイン北海道)/北海道製菓㈱(10g×6袋 864円)・水引イカのストラップ/合資会社水引アート工房清雅舎(1個 1,500円) ※価格は税込です※内容量・価格は2024年4月22日時点のものです

【事業者向け】令和6年度「食の担い手育成推進事業業務」に係る公募型プロポーザル募集について

【事業者向け】令和6年度「食の担い手育成推進事業業務」に係る公募型プロポーザル募集について

函館市は令和6年度の「食の担い手育成推進事業業務」の公募型プロポーザルの募集をしています。本事業は、本市の食の魅力を向上させるとともに、「食のまち」「グルメのまち」としての認知度を高め、交流人口を拡大させるために、子どもたちが知見を深め、技術力を向上させることに加、将来の担い手を確保することを目的としたものです。 公募型プロポーザルによる企画提案書の募集は以下となります。応募方法を含め,詳細は関係資料をご覧ください。 1 業務名   食の担い手育成推進業務 2 業務内容   企画提案仕様書のとおり 3 契約上限額   2,400千円(消費税および地方消費税相当額を含む) 4 参加資格    (1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当しないこと。    (2) 函館市競争入札参加有資格業者指名停止措置要綱(平成5年4月1日施行)による指名停止を受けていないこと。    (3) 函館市暴力団等排除措置要綱(平成23年9月30日施行)による入札参加除外措置を受けていないこと。    (4) 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立てがなされている者または民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続開始の申立てがなされている者(会社更生法にあっては更生手続開始の決定,民事            再生法にあっては再生手続開始の決定を受けている者を除く。)でないこと等,経営状態が著しく不健全であると認められる者でないこと。    (5) 函館市の市税または消費税および地方消費税を滞納している者でないこと。    (6) 本プロポーザル審査委員会の委員が自ら主宰しまたは役員もしくは顧問となっている法人その他の組織でないこと。    (7) 過去10年以内に類似業務等の実績を有すること。 5 スケジュール  ・質問書の提出期限            令和6年4月26日(金)  ・質問,回答の公表            令和6年4月30日(火)頃[ホームページ公表]  ・参加申込書提出期限           令和6年5月 7日(火)  ・参加資格確認結果通知          令和6年5月10日(金)  ・企画提案書提出期限           令和6年5月31日(金)  ・プレゼンテーションおよびヒアリングの実施 令和6年中旬[対面により実施]  ・審査結果通知,公表     令和6年6月中旬  ・契約締結                令和6年6月下旬 6 実施要領・提出書類様式  ・プロポーザル実施要領  別紙1(企画提案仕様書) 別紙2(評価基準)  ・様式1(質問書)  ・様式2(参加申込書)  ・様式3(構成員調書)※グループで応募する場合提出  ・様式4(誓約書)  ・様式5(類似業務実績調書)

【2024/3/1~3/31】首都圏の英国風パブ「HUB」で「函館フェア」開催!

【2024/3/1~3/31】首都圏の英国風パブ「HUB」で「函館フェア」開催!

地域創生事業を展開するANAあきんど株式会社と首都圏で英国風パブ「HUB」を展開する株式会社ハブは、共同企画「地域の魅力発信プロジェクト」の第一弾として、函館市と連携し魅力あるお酒や産品を味わう「函館フェア」を3月1日から3月31日まで首都圏の対象店舗で実施します。 函館フェア実施店舗では函館の魅力を感じられるプロモーション動画の放映に加え函館観光ポスターを設置し、函館の魅力を発信します。 提供メニュー【税抜価格】福田海産…焼きたらチーズ(400円)函館カール・レイモン…マヨコンビーフバゲット(500円)、ビーフジャーキー(550円)はこだてわいん…北海道100ピノプラン2022(3500円)、ななえシードル(2000円)はこだてビール…函館「白ラベル」(1000円) 期間中、函館のアンケートに回答すると抽選で1人にANA旅行券2万円分が当たるキャンペーンなども実施します。 【期間】2024/3/1〜2024/3/31 【実施店舗】HUB西武新宿店前店HUBチョムチョム秋葉原店HUB渋谷道玄坂店HUB羽田空港第2ターミナル店HUB新横浜店

新たな特産品を開発「函館市特産品開発支援事業補助金」について

新たな特産品を開発「函館市特産品開発支援事業補助金」について

函館市では、令和6年4月より受付を開始する、新たな特産品の開発促進および市内食品関連事業者の支援を目的とした「函館市特産品開発支援事業補助金」の募集内容を発表しました。「函館市特産品開発支援事業補助金」とは、市内の食関連事業者に対し、新たな商品開発に係る機械等の導入経費・パッケージデザイン費・商標登録等に要する経費の一部を支援する補助制度です。 ■補助対象者  市内に事務所または事業所を有する食関連事業者 ■補助対象事業   市の特産品となり得る次の要件を全て満たす新商品の開発・生産を実施する事業  (1)市の魅力を伝える食品または魅力を活かした食品であること  (2)市内の事業所で製造または加工すること  (3)原則30日以上の賞味期限があること  (4)令和8年3月31日までに商品として販売すること  (5)ふるさと納税返礼品への登録に努めること ■補助対象経費  機械等設備費,デザイン費,産業財産権の出願に係る費用     ■補助金額  補助対象経費の3分の2以内の額を,最大500万円まで補助(千円未満は切り捨て)  ※審査会実施のうえ補助金交付者を決定します。 ■全体スケジュール  令和6年4月1日~5月15日  交付申請書受付  令和6年6月中旬        審査会実施(個別面談方式によるヒアリング)令和6年7月初旬        審査結果通知,事業開始  令和7年3月31日まで     事業完了  事業完了から30日以内     実績報告書提出  実績報告書提出後        書類審査,実地検査(機械等設備費のみ),補助金交付  令和8年3月31日まで     商品の販売,販売開始報告書提出 ■申請手続 (1)提出先および問合せ先     函館市経済部食産業振興課     電  話:0138-21ー3310     E-mail :bussan@city.hakodate.hokkaido.jp     受付時間:平日 8:45~17:30  (2)受付期間     令和6年4月1日(月)から令和6年5月15日(水)まで ■詳細は下記HPをご覧ください令和6年度「函館市特産品開発支援事業補助金」の募集について

節分に「福豆豆腐」販売、地元豆腐店が大豆の栽培から製造まで

節分に「福豆豆腐」販売、地元豆腐店が大豆の栽培から製造まで

函館地域の豆腐店で構成する函館豆腐油揚組合は、豆腐店経営者らが自ら育てた大豆で作る「はこだて福豆豆腐」を2月3日に数量限定で販売します。(一部の店舗で2月4日も販売あり) 恒例となった同組合が自ら育てた大豆で作った「福豆豆腐」。大豆の栽培から収穫、製造販売までを豆腐店が一貫して行う「To Future(トウフューチャー)」プロジェクトとして2018年に始まり、2019年2月に初めて販売されました。 今シーズンは七飯町の「さわやかファーム」で育てた「鶴の子大豆」を使い、組合加盟店のうち5店で寄せ豆腐を作り、節分に合わせて売り出します。この豆を使って250グラム入りの寄せ豆腐を各店で作り、節分に合わせて「はこだて福豆豆腐」として1個500円で販売します。 販売店は以下5店舗となり、各店100個前後の数量限定で、各店で予約を受け付けています。 【販売店】堂守豆富店(中島町)0138-51-3537佐々木豆腐店(宝来町)0138-22-6732寺本豆腐店(松陰町)0138-51-9050日乃出食品直売店「Jimo 豆腐 Soia plus+(ジモトウフソイアプラス)」(七飯町緑町)070-8698-5544勝田商店(七飯町大川)0138-65-6422 ◎問い合わせ先:日乃出食品 0138-64-0853(担当:工藤英洋)

「ニュータッチ 凄麺 函館塩ラーメン」リニューアル発売

「ニュータッチ 凄麺 函館塩ラーメン」リニューアル発売

ヤマダイ株式会社は、「凄麺」ブランドの大人気ご当地シリーズ「ニュータッチ 凄麺 函館塩ラーメン」を2024 年1 月15 日(月)より全国のスーパーマーケット、ドラッグストア等でリニューアル発売いたします。 お店のラーメンのような本格的な味を追求した、ノンフライのカップ麺ブランド「凄麺」。中でも「ご当地シリーズ」は、自宅にいながら手軽に本格的なご当地ラーメンが楽しめると人気の商品です。 今回のリニューアルでは、スープは使用している昆布素材を北海道産真昆布に変更。魚介と畜肉のバランスを調整することで、香りの豊かさと上品なコクが楽しめる味わいに仕上げました。具材では、ねぎのサイズを大きくすることで食べ応えがアップ。 函館市経済部食産業振興課が味づくりやデザイン作成に携わました。フタ裏面「フタの裏ばなし」では、市役所職員の熱いメッセージも載ってます!

ゴディバ「はこだて恋いちご」と初コラボレーション

ゴディバ「はこだて恋いちご」と初コラボレーション

ゴディバ ジャパン株式会社は、「ゴディバ 生チョコレート はこだて恋いちご」を、大丸札幌店の7階催事場・函館丸井今井のバレンタイン催事場にて、2024年1月17日(水)より販売いたします。 ベルギー産のホワイトチョコレートに、函館で生産された「はこだて恋いちご」を合わせました。一般的な苺の平均糖度が10度前後に対して「はこだて恋いちご」の糖度は15度という甘さ。口どけのよいゴディバの生チョコレートに「はこだて恋いちご」の優しい甘みと爽やかな酸味が調和した生チョコレートです。 販売期間:2024年1月17日(水)~2月14日(水) 取扱催事場:函館丸井今井 バレンタイン催事場大丸札幌店7階催事場 価格(税込):「ゴディバ 生チョコレート はこだて恋いちご 16粒入」3,218円

【動画】大泉市長が実食!函館市ふるさと納税おすすめ返礼品

【動画】大泉市長が実食!函館市ふるさと納税おすすめ返礼品

「食レポはむずかしいね・・・」 グルメの街・函館市の「ふるさと納税返礼品」を、函館市長「大泉 潤」が実食! 名物のイカやご当地カレー、函館スイーツの魅力をたっぷりと伝えています。 ぜひご覧ください!

定員残りわずか【1/13】未来につながる“ 職業/ 食業” 体験講座

定員残りわずか【1/13】未来につながる“ 職業/ 食業” 体験講座

函館市は小中高生を対象に函館生まれの万能調味料を使用した「職業体験講座」を1月13日(土)に実施します。午前の部で小学1 年生~6 年生と保護者を対象にお料理の大変さと楽しさを学び、午後の部では中高生を対象に商品のプロデュース業について学びます。 講師は前半は株式会社 KIZUNA 川崎良平社長、後半は田村 詩織先生です。 両回ともに、函館のうまみが詰まった万能調味料『極 UMAMI 美人』を使った料理教室のあとは、お楽しみの試食もあります。 食の魅力が詰まったこの函館で、料理をたのしみながら食のお仕事を学ぶチャンスです。 ■日時:2024年1月13日(土)① 10:00~12:30(小学1年から6年のお子様と保護者)【受付終了】② 13:30~16:00(中学・高校生) ■場所:北海道ガス株式会社 函館支店(函館市万代町8-1) ■定員:① 定員4組(1組最大3名まで)小学1年から6年のお子様と保護者① 定員10名 中学・高校生 ■費用:1人500円 ■持ち物:エプロン、ハンドタオル、室内用の上靴 ■その他:詳細については,こちらをご覧ください。 ■申込方法:専用のフォームからお申し込みください(先着順)小学生(受付終了)中学・高校生※定員まで残りわずかです。どうぞお早めにお申し込みください ■お問合せ:函館市食の担い手育成推進事業事務局(株式会社ABC Cooking Studio)E-mail:houjin@jp.abc-cooking.com 

料理人・菓子職人たちが腕をふるう美食カレンダー「はこだての美食2024」

料理人・菓子職人たちが腕をふるう美食カレンダー「はこだての美食2024」

函館およびその近郊の料理人・菓子職人による渾身の一品を紹介する「ガストロノミーカレンダー はこだての美食2024」が販売中です。カレンダーに掲載されている一品は、その月にその店で味わうことができます。 このカレンダーは食に関するプロの同業異種の会「クラブガストロノミーバリアドス」(代表:「レストラン バスク」の深谷宏治さん)が2009年から制作。今年で16回目の発行となります。 カレンダーは、函館市地域交流まちづくりセンター1FにあるCafe DripDropで購入することができます。カレンダーの収益は、「世界料理学会 in HAKODATE」の運営に充てられます。 各月の掲載料理人・菓子職人1月 橋本 正(ラ・ターチ)2月 木村 史能(函館国際ホテル アゼリア)3月 菊池 隆大(炭火割烹 菊川)4月 八木橋 一州 (北斗芯軒)5月 深谷 宏治(レストラン バスク)6月 吉川 輝昭(御菓子処 ひとつ風)7月 玉谷 光市(幸寿司)8月 木村 幹雄(ヒュッテ)9月 小西 康範(元町 八花倶楽部)10月 佐々木 宏次(ラ・リヴィエール)11月 大桐 幸介(チッチョパスティッチョ)12月 箕輪 圭祐(レストラン箕輪) 「ガストロノミーカレンダー はこだての美食2024」価格:1部1,200円(税込) 販売店:函館市地域交流まちづくりセンター 1F Cafe DripDrop住所:040-0053 北海道函館市末広町4-19連絡先:0138-22-9700 営業時間:10:00~17:00定休日:水曜日 Cafe DripDrop

ベイエリアに体験複合施設「はこだてみなと大学 サカナ学部」オープン

ベイエリアに体験複合施設「はこだてみなと大学 サカナ学部」オープン

11月23日(木・祝)に函館市の人気観光スポットであるベイエリアに、食を切り口に海にまつわる様々な体験を提供する体験施設「はこだてみなと大学 サカナ学部」がオープンしました。 学びながら海に触れられる体験プログラム「ゼミ」として、道南産のブリやホタテなどですしを作る「すしゼミ」を企画。調理を楽しみながら、函館の海や道南の魚介類への理解を深めることができます。体験プログラムへの参加は、事前にインターネットから予約が必要です。1回1時間程度の体験で、1組の定員は6人までです。 ◾️体験予約はこちらから 施設内には函館の海の新しい楽しみ方を提案する食堂「海味(うみ)食堂」も併設。「函館ブリ塩ラーメン」をはじめ、函館で獲れる旬の魚介や南北海道の伝統的な食べ方を知ることができる「おはこ寿司」などを提供します。 他にも、地元生産者を招いたトークイベントや、函館近海の海ゴミを使用したワークショップなど、地域とともに創り上げる企画の実施も予定しています。 地域の人から旅行者も楽しめる、そして港のようにたくさんの人と物が行き交い、大学のように知的好奇心が刺激される体験施設の誕生です。 https://maps.app.goo.gl/iBGR7ppinQCefcnE9 【公式サイト】はこだてみなと大学【所在地】〒040-0065 北海道函館市豊川町11番7号【営業時間】サカナ学部・海味食堂 10:00~19:00(ラストオーダー18:30)※海味食堂テイクアウト窓口は9:30~19:00【営業日】年中無休(休館予定がある場合は公式サイトでお知らせ)【連絡先】0138-83-1495